漱石の俳句歳時記 柳の芽 [春:植物] 柳芽を吹いて四条のはたごかな

漱石の俳句歳時記 柳の芽


柳芽を吹いて四条のはたごかな 漱石


京都での作。漱石は三月十九日から四月十六日まで京都に滞在した。
この句はこの滞在中に磯田多佳に贈った画帖『観自在帖』に記されている。


漱石俳句db2437
季 語 柳の芽 [春:植物]
制作年大正4年


写真は京都四条付近の鴨川河畔の柳

撮影 2006年3月13日
場所 京都・鴨川河畔



Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック