漱石の俳句歳時記 寒梅 [冬:植物] 見て行くやつばらつばらに寒の梅

見て行くやつばらつばらに寒の梅 漱石 ・全集(昭和10年)で532-571の40句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十 一月二十八日」に収める。 ・句稿の末尾に「政」「一月二十八日」「愚陀仏稿」とある。 漱石俳句db 541季 語 寒梅 [冬:植物]制作年 明治29年 写真は寺家ふるさと村 撮…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 枯蘆 [冬:植物] 枯蘆の廿日流れぬ氷哉

枯蘆の廿日流れぬ氷哉 漱石 ・全集(昭和10年)で430-490の61句は「正岡子規へ送りたる句稿 その九 十二月十八日」に収める。 ・句稿の末尾に「大政」「十二月十八日 今度のはなくしてはいやであります。悪句には△か□の符号をつけ玉へ。」「愚陀仏稿」とある。 漱石俳句db 472季 語 枯蘆 [冬:植物]…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 大根 [冬:植物] 塚一つ大根畠の広さ哉

塚一つ大根畠の広さ哉 漱石 日浦山二公の墓に謁す 〔二句〕 ・全集(昭和10年)で389-429の41句は「正岡子規へ送りたる句稿 その八 十二月四日夜」に収める。 漱石俳句db 427季 語 大根 [冬:植物]制作年 明治28年 写真は民家の畑 撮影 2017年9月11日 場所 神奈川県…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 枯柳 [冬:植物] 枯柳緑なる頃妹逝けり

枯柳緑なる頃妹逝けり 漱石 ・全集(昭和10年)で319-387の69句は「正岡子規へ送りたる句稿 その七 十一月二十二日」に収める。 漱石俳句db 338季 語 枯柳 [冬:植物]制作年 明治28年 写真は三渓園の枯柳 撮影 2017年10月3日 場所 神奈川県・横浜市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 葱 [冬:植物] 筋違に葱を切るなり都振

  筋違に葱を切るなり都振 漱石 ・1506-1536の31句は、漱石が明治三十二年頃使っていた手帳に記されている。この手帳には、子規へ送りたる句稿三十二、三十三、三十四、三十五にみられるおびただしい句の初案・下書きや推敲の跡が録されている。 漱石俳句db 1524季 語 葱 [冬:植物]制作年 明治32年 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 菊枯るる [冬:植物] 床の上に菊枯れながら明の春

床の上に菊枯れながら明の春 漱石 ・全集(昭和10年)で1327-1356の30句は「正岡子規へ送りたる句稿 その二十八 一月六日」として収める。1356のあとに「正」「愚陀仏庵」と記す。 漱石俳句db 1343季 語 菊枯るる [冬:植物]制作年 明治31年 写真は横浜市青葉区にて 撮影 2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 寒菊 [冬:植物] 寒菊や京の茶を売る夫婦もの

寒菊や京の茶を売る夫婦もの 漱石 ・1773-1779の7句は全集(大6)が「明治三十二年頃」として収める。 漱石俳句db 1774季 語 寒菊 [冬:植物]制作年 明治32年 写真は横浜市青葉区にて 撮影 2007年12月15日 場所 東京都・町田市三輪町
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 枯るる [冬:植物] 枯ながら蔦の氷れる岩哉

枯ながら蔦の氷れる岩哉 漱石 ・全集(昭和10年)で430-490の61句は「正岡子規へ送りたる句稿 その九 十二月十八日」に収める。 ・句稿の末尾に「大政」「十二月十八日 今度のはなくしてはいやであります。悪句には△か□の符号をつけ玉へ。」「愚陀仏稿」とある。 漱石俳句db 466季 語 枯るる [冬:植…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 冬枯れ [冬:植物] 冬枯れて山の一角竹青し

冬枯れて山の一角竹青し 漱石 ・全集(昭和10年)で389-429の41句は「正岡子規へ送りたる句稿 その八 十二月四日夜」に収める。/『海南新聞』(明治29年1月24日)/承露盤。 漱石俳句db 411季 語 冬枯れ [冬:植物]制作年 明治28年 写真は横浜市青葉区にて 撮影 2011年1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 橙 [冬:植物] 橙も黄色になりぬ温泉の流

橙も黄色になりぬ温泉の流 漱石 ・2453-2483の31句は、大正5年ころ使っていた手帳に記された句。全集(昭10)が「春頃」として収める。 漱石俳句db 2460季 語 橙 [冬:植物]制作年 明治31年 写真は横浜市青葉区にて 撮影 2010年11月27日 場所 神奈川県・横浜市青葉区…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 蜜柑 [冬:植物] 降りやんで蜜柑まだらに雪の舟

降りやんで蜜柑まだらに雪の舟 漱石 ・全集(昭和10年)で1327-1356の30句は「正岡子規へ送りたる句稿 その二十八 一月六日」として収める。1356のあとに「正」「愚陀仏庵」と記す。 漱石俳句db 1332季 語 蜜柑 [冬:植物]制作年 明治31年 写真は町田市三輪町の蜜柑畑 撮影 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 茶の花 [冬:植物] 茶の花や白きが故に翁の像

茶の花や白きが故に翁の像 漱石 ・全集(昭和10年)で114-159は「正岡子規へ送りたる句稿 その二」に収める。 漱石俳句db 130季 語 茶の花 [冬:植物]制作年 明治28年 写真は町田市三輪町の道端に咲く茶の花 撮影 2008年11月22日 場所 東京都・町田市三輪町
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 寒牡丹 [冬:植物] 雪ながら書院あけたる牡丹哉

雪ながら書院あけたる牡丹哉 漱石 ・全集(昭和10年)で969-1030の62句は「正岡子規へ送りたる句稿 その二十一 十二月」として収める。1030の句の後に「漱石拝」とある。 漱石俳句db 984季 語 寒牡丹 [冬:植物]制作年 明治29年 写真は町田市三輪町高蔵寺の庭に咲く寒牡丹 撮影…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 帰花 [冬:植物] 一輪は命短かし帰花

一輪は命短かし帰花 漱石 ・全集(昭和10年)で319-387の69句は「正岡子規へ送りたる句稿 その七 十一月二十二日」に収める。 漱石俳句db 344季 語 帰花 [冬:植物]制作年 明治28年 写真は横浜市寺家ふるさと村に咲く帰花 撮影 2015年11月19日 場所 神奈川県・横浜市青…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 海苔 [春:植物] 生海苔のこゝは品川東海寺

生海苔のこゝは品川東海寺 漱石 ・全集(昭和10年)で612-712の101句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十二 三月五日」として収める。 漱石俳句db 692季 語 海苔 [春:植物]制作年 明治29年 写真は横浜市で唯一の自然海岸がある野島沖で養殖した海苔 撮影 2017年8月28日 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 盆梅 [春:植物] 盆梅の一尺にして偃蹇す

盆梅の一尺にして偃蹇す 漱石 ・全集(昭和10年)で1537-1641の105句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十三 二月」として収める。1641の後に「大政」「漱石稿」とある。なお、この句稿の句はすべて「手帳」(1506参照)に配列もほぼ同様に記されている。/『春夏秋冬』。 漱石俳句db 1622季 語 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 粟の穂 [秋:植物] 群雀粟の穂による乱れ哉

群雀粟の穂による乱れ哉 漱石 ・漱石は七月四日に妻を伴って上京、九月七日まで東京に滞在した。 ・1218-1258の34句は、この間子規主催の句会に参加しての作。 ・1243-1258の16句は九月四日の句会稿に見える。 ・句会稿。/『春夏秋冬』/承露盤(明治31年)。 漱石俳句db 1251季 語 粟…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 粟 [秋:植物] 山里や一斗の粟に貧ならず

山里や一斗の粟に貧ならず 漱石 ・漱石は七月四日に妻を伴って上京、九月七日まで東京に滞在した。 ・1218-1258の34句は、この間子規主催の句会に参加しての作。 ・1243-1258の16句は九月四日の句会稿に見える。 ・句会稿。/新聞『日本』(明治30年10月6日)/『春夏秋冬』/承露盤。 漱石俳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 黍 [秋:植物] 黍行けば黍の向ふに入る日かな

黍行けば黍の向ふに入る日かな 漱石 ・2103-2113の10句(2111を除く)は、満韓旅行中の句で、いずれも日記中にみえる。日記(九月二十四日)。 ・2103-2104の2句は長春の宿(三義旅館)で書いた。 漱石俳句db 2103季 語 黍 [秋:植物]制作年 明治42年 写真は市川市万葉植物園の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 草の花 [秋:植物] 本名は頓とわからず草の花

本名は頓とわからず草の花 漱石 ・全集(昭和10年)で1711-1739の29句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十五 十月十七日」として収める。現在知られる子規への句稿の最後のものである。1739のあとに「正」「漱石拝」と記す。 ・「手帳」(1506参照)では上五は「唐の名は」。 漱石俳句db 1724季…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 桐一葉 [秋:植物] 白壁や北に向ひて桐一葉

白壁や北に向ひて桐一葉 漱石 ・全集(昭和10年)で868-907の40句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十七 九月二十五日」として収める。907のあとに日付「二十九年九月二十五日」と「愚陀」の署名がある。 漱石俳句db 894季 語 桐一葉 [秋:植物]制作年 明治29年 写真は民家裏の桐の木 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 山紅葉 [秋:植物] 山紅葉雨の中行く瀑見かな

山紅葉雨の中行く瀑見かな 漱石 ・全集(昭和10年)で204-253の50句は「正岡子規へ送りたる句稿 その四」に収める。 漱石俳句db 232季 語 山紅葉 [秋:植物]制作年 明治28年 写真は三溪園内苑聴秋閣周辺の紅葉 撮影 2016年12月6日 横浜市中区
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 種瓢 [秋:植物] 恩給に事を欠かでや種瓢

恩給に事を欠かでや種瓢 漱石 ・全集(昭和10年)で1380-1399の20句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十」として収める。 漱石俳句db 1394季 語 種瓢 [秋:植物]制作年 明治31年 写真は上行寺境内に生る瓢 撮影 2014年7月26日 横浜市金沢区
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 葉鶏頭(雁来紅) [秋:植物] 葉鶏頭高さ五尺に育てけり

葉鶏頭高さ五尺に育てけり 漱石 ・全集(昭30)が「大正二・三年頃」として収める。鶏頭の自画に賛をしたものが知られる(雑誌『渋柿』(大正7年12月))。 漱石俳句db 2311季 語 葉鶏頭(雁来紅) [秋:植物]制作年 大正2年 写真は三溪園外苑の葉鶏頭 撮影 2017年8月10日 横浜市中…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 樽柿 [秋:植物] 樽柿の渋き昔しを忘るゝな

樽柿の渋き昔しを忘るゝな 漱石 ・全集(昭和10年)で1262-1300の39句は「正岡子規へ送りたる句稿 その二十六 十月」として収める。1300のあとに「漱石拝」とある。 漱石俳句db 1262季 語 樽柿 [秋:植物]制作年 明治30年 写真は東松山の民家の樽柿 撮影 2007年12月1日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 木瓜(ぼけ)の実 [秋:植物] 木瓜の花の役にも立たぬ実となりぬ

木瓜の花の役にも立たぬ実となりぬ 漱石 ・1642-1657の16句は、1506で述べた手帳に記された句。 漱石俳句db 1656季 語 木瓜(ぼけ)の実 [秋:植物]制作年 明治32年 写真は町田市三輪町にて 撮影 2017年7月25日 東京都町田市三輪町
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 蘆の花 [秋:植物] 蘆の花夫より川は曲りけり

蘆の花夫より川は曲りけり 漱石 ・全集(昭和10年)で114-159は「正岡子規へ送りたる句稿 その二」に収める。/『海南新聞』(明治28年11月2日)。「川は」を「川の」につくる)。 漱石俳句db 155季 語 蘆の花 [秋:植物]制作年 明治28年 写真は東松山の河原にて 撮影 2007年6…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 蘭の香 [秋:植物] 蘭の香や門を出づれば日の御旗

蘭の香や門を出づれば日の御旗 漱石 ・この句稿を送った9月23日は、秋季皇霊祭(旧制の祭日)。この句から104までの32句を収める句稿は漱石が子規に送った一連の句稿のうち、最初のもの。 ・「正岡子規へ送りたる句稿 その1」。句稿末尾の句(104)の後に、「明治廿八年九月二十三日散策途上口号三十二首」「愚陀仏庵主」とあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 南瓜(唐茄子) [秋:植物] 唐茄子の蔓の長さよ隣から

唐茄子の蔓の長さよ隣から 漱石 ・全集(昭和10年)で1659-1709の51句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十四 九月五日」として収める。 漱石俳句db 1705季 語 南瓜(唐茄子) [秋:植物]制作年 明治32年 写真は横浜市鉄町の畑の南瓜 撮影 2017年7月23日 横浜市青葉区 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 荻の声 [秋:植物] 苫もりて夢こそ覚むれ荻の声

苫もりて夢こそ覚むれ荻の声 漱石 ・全集(昭和10年)で1402-1421の20句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十一」として収める。1421のあとに「玉斧」「漱石拝」と記す。 漱石俳句db 1419季 語 荻の声 [秋:植物]制作年 明治31年 写真は思川河畔の荻の群落 撮影 2017年8月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 夕顔 [夏:植物] 淋しくもまた夕顔のさかりかな

淋しくもまた夕顔のさかりかな 漱石 ・全集(昭和10年)で838-867の30句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十六 八月」として収める。867のあとに「愚陀拝」と署名がある。 漱石俳句db 848季 語 夕顔 [夏:植物]制作年 明治29年 写真は農家の夕顔畑にて 撮影 2017年8月3日 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 真桑瓜 [夏:植物] 吹井戸やぼこりぼこりと真桑瓜

吹井戸やぼこりぼこりと真桑瓜 漱石 ・全集(昭和10年)で798-837の40句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十五 七月八日」として収める。 ・837のあとに「愚陀拝」と署名がある。 漱石俳句db 826季 語 真桑瓜 [夏:植物]制作年 明治29年 写真は農家の畑に生った真桑瓜 撮影 2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 瓜 [夏:植物] 瓜西瓜富婁那ならぬはなかりけり

瓜西瓜富婁那ならぬはなかりけり 漱石 ・全集(昭和10年)で1711-1739の29句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十五 十月十七日」として収める。現在知られる子規への句稿の最後のものである。1739のあとに「正」「漱石拝」と記す。 ・富婁那(ふるな)は釈尊十代弟子の一人。雄弁で知られ説法第一と称せられた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 麦 [夏:植物] 麦二寸あるは又四五寸の旅路哉

麦二寸あるは又四五寸の旅路哉 漱石 ・全集(昭和10年)で612-712の101句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十二 三月五日」として収める。 漱石俳句db 698季 語 麦 [夏:植物]制作年 明治29年 写真は農家の麦畑 撮影 2017年5月15日 場所 神奈川県横浜市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 南瓜の花 [夏:植物] なんのその南瓜の花も咲けばこそ

なんのその南瓜の花も咲けばこそ 漱石 ・全集(昭和10年)で838-867の30句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十六 八月」として収める。867のあとに「愚陀拝」と署名がある。 漱石俳句db 862季 語 南瓜の花 [夏:植物]制作年 明治29年 写真は農家の畑の南瓜の花 撮影 2010年8月6…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 苺 [夏:植物] 玻璃盤に露のしたゝる苺かな

玻璃盤に露のしたゝる苺かな 漱石 ・1832-1844の13句は書簡(井上微笑宛 明治36年6月17日)に書かれたもの。井上微笑(藤太郎)は熊本県球磨郡湯前村の俳人。 漱石俳句db 1840季 語 苺 [夏:植物]制作年 明治36年 写真は菜園の苺 撮影 2017年5月15日 場所 神奈川県横浜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 紅の花 [夏:植物] 願かけて観音様へ紅の花

願かけて観音様へ紅の花 漱石 ・全集(昭和10年)で272-318の47句は「正岡子規へ送りたる句稿 その六 十一月十三日」に収める。 漱石俳句db 291季 語 紅の花 [夏:植物]制作年 明治28年 写真は花束の中の紅の花 撮影 2017年7月5日 場所 神奈川県横浜市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 姫百合 [夏:植物] 姫百合に筒の古びやずんど切

姫百合に筒の古びやずんど切 漱石 ・明治四十年頃使用していた手帳の「四月二十八日」の日付のある頁に記された句。 漱石俳句db 1927季 語 姫百合 [夏:植物]制作年 明治40年 写真は横浜市生麦で催された蛇も蚊も祭の巡行中に出会った姫百合 撮影 2017年6月4日 場所 神奈川県横浜市鶴見区…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 芥子 [夏:植物] 本来はちるべき芥子にまがきせり

本来はちるべき芥子にまがきせり 漱石 ・全集(大6)が「五月」としてこの位置に収める。 ・漱石の短編小説集『漾虚集』は五月十七日に大倉書店から刊行。 漱石俳句db 1880季 語 芥子 [夏:植物]制作年 明治39年 写真は横浜市で開催のフラワーフェスティバル里山ガーデンにて 撮影 2017年4…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 葵 [夏:植物] ひとり咲いて朝日に匂ふ葵哉

ひとり咲いて朝日に匂ふ葵哉 漱石 ・全集(昭10)の配列による。全集(昭10)は「手塚光貴宛」と注記する。 漱石俳句db 1786季 語 葵 [夏:植物]制作年 明治33年 写真は町田市三輪町に咲く立葵 撮影 2017年6月14日 場所 東京都町田市三輪町
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 一八(いちはつ) [夏:植物] 一八の家根をまはれば清水かな

一八の家根をまはれば清水かな 漱石 ・1934-1970の37句は、明治40年頃に使っていた手帳に書きとめられた句で、書簡に記されたり新聞に発表されたりすることのなかったもの。 ・「一八(いちはつ)」はアヤメに似た花を初夏につける多年生植物。昔は、大風を防ぐと信じられていたので、わら屋根に植えられた。 漱石…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 梧桐(ごどう) [夏:植物] 影多き梧桐に据る床几かな

影多き梧桐に据る床几かな 漱石 ・全集(昭和10年)で1157-1217の61句は「正岡子規へ送りたる句稿 その二十五 五月二十八日」として収める。 漱石俳句db 1165季 語 梧桐(ごどう) [夏:植物]制作年 明治30年 写真は横浜市神奈川区の神奈川学園校庭に育つ被爆2世アオギリ 撮影 20…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 卯の花 [夏:植物] 細き手の卯の花ごしや豆腐売

細き手の卯の花ごしや豆腐売 漱石 ・全集(昭和10年)で272-318の47句は「正岡子規へ送りたる句稿 その六 十一月十三日」に収める。 漱石俳句db 287季 語 卯の花 [夏:植物]制作年 明治28年 写真は横浜市青葉区に咲く卯の花(空木の花) 撮影 2014年5月27日 場所 神奈川県横…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 茂り [夏:植物] 石段の一筋長き茂りかな

石段の一筋長き茂りかな 漱石 ・2277-2282の6句は、全集(昭30)が「明治四十四年十二月三日 行徳二郎に与へたる『切抜帖より』の包紙に」として収める。 漱石俳句db 2278季 語 茂り [夏:植物]制作年 明治44年 写真は町田市三輪町の高蔵寺にて 撮影 2017年5月14日 場所 東…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 柑子(こうじ)の花 [夏:植物] 漢方や柑子花さく門構

漢方や柑子花さく門構 漱石 ・全集(昭和10年)で1157-1217の61句は「正岡子規へ送りたる句稿 その二十五 五月二十八日」として収める。/『春夏秋冬』/承露盤。 漱石俳句db 1172季 語 柑子(こうじ)の花 [夏:植物]制作年 明治30年 写真は横浜市の民家にて 撮影 2017年5月1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 橘の花 [夏:植物] 橘や通るは近衛大納言

橘や通るは近衛大納言 漱石 ・全集(昭和10年)で838-867の30句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十六 八月」として収める。867のあとに「愚陀拝」と署名がある。 漱石俳句db 844季 語 橘の花 [夏:植物]制作年 明治29年 写真は静岡浅間神社の右近の橘 撮影 2016年4月3日 場…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more