テーマ:五十音順

夏目漱石俳句集 <五十音順> わ

夏目漱石俳句集 <五十音順> わわか 若鮎の焦つてこそは上るらめ 1133 吾庵は氷柱も歳を迎へけり 571 吾栽し竹に時雨を聴く夜哉 970 わが歌の胡弓にのらぬ朧かな 1517 吾影の吹かれて長き枯野哉 2039 若草や水の滴たる蜆籠 624 吾恋は闇夜に似たる月夜かな 18 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ろ

夏目漱石俳句集 <五十音順> ろろう 郎去つて柳空しく緑なり 1648 老僧に香一しゅの日永哉 2326 老たん(耳偏に冉)のうとき耳ほる火燵かな 1535 浪人の刀錆びたり時鳥 1112 浪人の寒菊咲きぬ具足櫃 972 楼門に上れば帽に春の風 2374 郎を待つ待合茶屋の柳かな 15…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> れ

夏目漱石俳句集 <五十音順> れれつ 烈士剣を磨して陽炎むらむらと立つ 1078 れん 連翹に小雨来るや八っ時分 2057 連翹の奥や碁を打つ石の音 2360 聨古りて山門閉ぢぬ芋の蔓 90 前  次
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> り

夏目漱石俳句集 <五十音順> りりと 吏と農と夜寒の汽車に語るらく 1284 りゆ 龍寒し絵筆抛つ古法眼 616 りよ 両掛や関のこなたの苔清水 1956 両肩を襦袢につゝむ衾哉 385 良寛にまりをつかせん日永哉 2394 梁山泊毛脛の多き榾火哉 488 梁上の君子と語る夜寒かな 127…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ら

夏目漱石俳句集 <五十音順> ららく 楽寝昼寝われは物草太郎なり 1845 落梅花水車の門を流れけり 1579 らた 裸体なる先生胡坐す水泳所 1115 らち 埒もなく禅師肥たり更衣 1161 らん 欄干に倚れば下から乙鳥哉 2318 乱菊の宿わびしくも小雨ふる 224 乱菊や土塀の窓の古簀垂…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> よ

夏目漱石俳句集 <五十音順> よよい 酔過ぎて新酒の色や虚子の顔 2520 宵の鹿夜明の鹿や夢短か 1989 宵々の窓ほのあかし山焼く火 716 よう 容赦なく瓢を叩く糸瓜かな 1737 幼帝の御運も今や冬の月 390 杳として桃花に入るや水の色 1854 漸くに又起きあがる吹雪かな 1…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ゆ

夏目漱石俳句集 <五十音順> ゆゆう 夕雁や物荷ひ行く肩の上 2011 夕暮の秋海棠に蝶うとし 1381 夕涼し起ち得ぬ和子を喞つらく 1228 夕立の湖に落ち込む勢かな 824 夕立の野末にかゝる入日かな 520 夕立や蟹はひ上る簀子椽 501 夕立や犇めく市の十万家 1226 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> や

夏目漱石俳句集 <五十音順> ややえ 八重にして芥子の赤きぞ恨みなる 1187 やか 家形船着く桟橋の柳哉 2376 やかましき姑健なり年の暮 1500 やき 焼芋を頭巾に受くる和尚哉 431 やす 安々と海鼠の如き子を生めり 1772 やせ 痩馬に山路危き氷哉 468 痩馬の尻こそはゆし秋の蠅…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> も

夏目漱石俳句集 <五十音順> ももあ 藻ある底に魚の影さす秋の水 941 もう 孟宗の根を行く春の筧哉 2454 もう寐ずばなるまいなそれも夏の月 809 朦朧と霞に消ゆる巨人哉 607 耄碌と名のつく老の頭巾かな 1523 もく 黙然と火鉢の灰をならしけり 452 木蓮と覚しき花に月朧 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> め

夏目漱石俳句集 <五十音順> めめい 明月に今年も旅で逢ひ申す 1272 明月に夜逃せうとて延ばしたる 1289 明月や御楽に御座る殿御達 1271 名月や十三円の家に住む 908 名月や杉に更けたる東大寺 1871 明月や拙者も無事で此通り 1274 明月や背戸で米搗く作右衛門 88…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> む

夏目漱石俳句集 <五十音順> むむか 迎火を焚いて誰待つ絽の羽織 2249 むき 麦二寸あるは又四五寸の旅路哉 698 麦を刈るあとを頻りに燕かな 1211 むく むくむくと砂の中より春の水 663 むさ 武蔵下総山なき国の小春哉 327 武蔵野を横に降る也冬の雨 543 貪りて鶯続け様に鳴く…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> み

夏目漱石俳句集 <五十音順> みみあ 見上ぐれば坂の上なる柳哉 2372 見上ぐれば城屹として秋の空 78 見上げたる尾の上に秋の松高し 871 みえ 見えざりき作りし菊の散るべくも 957 みお 見送るや春の潮のひたひたに 932 見下して尾上に鹿のひとり哉 1983 みか 見返れば又一ゆる…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ま

夏目漱石俳句集 <五十音順> ままえ 前垂の赤きに包む土筆かな 1099 まき 捲上げし御簾斜也春の月 741 まきを割るかはた祖を割るか秋の空 2494 まく 枕辺や星別れんとする晨 879 まこ 馬子歌や小夜の中山さみだるゝ 499 馬子唄や白髪も染めで暮るゝ春 1883 まさ まさなくも後…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ほ

夏目漱石俳句集 <五十音順> ほほう 抱一の芒に月の円かなる 2276 抱一は発句も読んで梅の花 1544 法印の法螺に蟹入る清水かな 1960 法橋を給はる梅の主人かな 1549 紡績の笛が鳴るなり冬の雨 1004 宝丹のふたのみ光る清水かな 1949 帽頭や思ひがけなき岩の雪 14…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> へ

夏目漱石俳句集 <五十音順> へへき 碧巌を提唱す山内の夜ぞ長き 876 碧玉の茶碗に梅の落花かな 1559 碧譚に木の葉の沈む寒哉 414 へこ 兵児殿の梅見に御ぢやる朱鞘哉 679 へひ 蛇を斬つた岩と聞けば淵寒し 429 へや 部屋住の棒使ひ居る月夜かな 1749 へん 弁慶に五条の月の寒…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ふ

夏目漱石俳句集 <五十音順> ふふう 封切れば月が瀬の梅二三片 1569 夫子暖かに無用の肱を曲げてねる 773 夫子貧に梅花書屋の粥薄し 1537 風船にとまりて見たる雲雀哉 700 風流の昔恋しき紙衣かな 2132 ふき 吹き上げて塔より上の落葉かな 115 吹井戸やぼこりぼこりと真桑…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ひ

夏目漱石俳句集 <五十音順> ひひあ 日当りや刀を拭ふ梅の主 1561 日あたりや熟柿の如き心地あり 999 ひい ひいと鳴て岩を下るや鹿の尻 1981 柊を幸多かれと飾りけり 1796 ひか 東西南北より吹雪哉 423 引かで鳴る夜の鳴子の淋しさよ 888 ひき 牽船の縄のたるみや乙鳥 2…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> は

夏目漱石俳句集 <五十音順> ははい 灰色の空低れかゝる枯野哉 1443 徘徊す蓮あるをもて朝な夕な 1239 佩環の鏘然として梅白し 1585 売茶翁花に隠るゝ身なりけり 2366 配所には干網多し春の月 580 配達ののぞいて行くや秋の水 945 拝殿に花吹き込むや鈴の音 1146…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> の

夏目漱石俳句集 <五十音順> ののう のうぜんの花を数へて幾日影 1933 能もなき教師とならんあら涼し 1841 能もなき渋柿どもや門の内 1401 暖簾に芸人の名を茶屋の菊 2234 のか 逃がすまじき蚤の行衛や子規 1201 のき 野菊一輪手帳の中に挟みけり 1691 のち 後仕手の撞木…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ね

夏目漱石俳句集 <五十音順> ねねき 禰宜の子の烏帽子つけたり藤の花 1371 ねく 寐苦しき門を夜すがら水鶏かな 1207 ねこ 猫知らず寺に飼はれて恋わたる 643 猫も聞け杓子も是へ時鳥 182 ねす 鼠もや出ると夜寒に壁の穴 2291 寐てゐれば粟に鶉の興もなく 2185 ねて 寐て聞く…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ぬ

夏目漱石俳句集 <五十音順> ぬぬい ぬいで丸めて捨てゝ行くなり更衣 796 ぬか ぬかづいて曰く正月二日なり 1438 泥海の猶しづかなり春の暮 1136 ぬき ぬきんでゝ雑木の中や棕櫚の花 1831 抽んでゝ富士こそ見ゆれ秋の空 1969 ぬく 抜くは長井兵助の太刀春の風 1109 ぬけ 抜…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> に

夏目漱石俳句集 <五十音順> ににさ 二三人砧も打ちぬ鹿の声 1966 二三片山茶花散りぬ床の上 1309 二三本竹の中也櫨紅葉 211 にし 西函嶺を踰えて海鼠に眼鼻なし 1106 錦絵に此春雨や八代目 2345 錦画や壁に寂びたる江戸の春 2290 西の対へ渡らせ給ふ葵かな 842 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> な

夏目漱石俳句集 <五十音順> ななあ なある程是は大きな涅槃像 1093 ない 内陣に仏の光る寒哉 2320 なか 長からぬ命をなくや秋の蝉 2521 長かれと夜すがら語る二人かな 1388 永き日やあくびうつして分れ行く 785 永き日や韋駄を講ずる博士あり 555 永き日や動き已みたる整…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> と

夏目漱石俳句集 <五十音順> ととう 搨置いて菊あるところどころかな 2236 同化して黄色にならう蜜柑畠 998 堂下潭あり潭裏影あり冬の月 1030 唐黍や兵を伏せたる気合あり 1249 唐黍を干すや谷間の一軒家 253 塔五重五階を残し霞けり 1060 唐人の飴売見えぬ柳かな …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> て

夏目漱石俳句集 <五十音順> ててい 亭寂寞薊鬼百合なんど咲く 1035 てい袍を誰か贈ると秋暮れぬ 912 てお 手桶さげて谷に下るや梅の花 1629 てか 出代の夫婦別れて来りけり 1065 出代りや花と答へて跛なり 536 てき 的礫と壁に野菊を照し見る 2189 てつ 鉄幹や暁星を点ず居士…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> つ

夏目漱石俳句集 <五十音順> つつい つい立の龍蟠まる寒さかな 617 つか 塚一つ大根畠の広さ哉 427 つき 月落ちて仏灯青し梅の花 625 月今宵もろもろの影動きけり 1916 月さして風呂場へ出たり平家蟹 1285 月天心もろもろの影動きけり 1916 月斜め筍竹にならんとす 79…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> ち

夏目漱石俳句集 <五十音順> ちちか 近けば庄屋殿なり霧のあさ 1810 力なや油なくなる冬籠 1050 力なや痩せたる吾に秋の粥 2166 ちき 乳兄弟名乗り合たる榾火哉 323 ちく 筑後路や丸い山吹く春の風 1143 ちさ 小き馬車に積み込まれけり稲の花 1380 ちと ちとやすめ張子の虎…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> た

夏目漱石俳句集 <五十音順> たたい 鯛切れば鱗眼を射る稍寒み 2137 大慈寺の山門長き青田かな 866 大将は五枚しころの寒さかな 1000 大食を上座に粟の飯黄なり 1733 大切に秋を守れと去りにけり 2161 橙も黄色になりぬ温泉の流 2460 大纛や霞の中を行く車 1077…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石俳句集 <五十音順> そ

夏目漱石俳句集 <五十音順> そそう 草庵の垣にひまある黄菊かな 2020 草庵や蘆屋の釜に暮るゝ春 2424 僧帰る竹の裡こそ寒からめ 1354 僧か俗か庵を這入れば木瓜の花 1652 宗匠となりすましたる頭巾かな 784 雑炊や古き茶碗に冬籠 986 淙々と筧の音のすゞしさよ 84…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more