漱石の俳句歳時記 白菊 [秋:植物] 白菊にしばし逡巡らふ鋏かな

漱石の俳句歳時記 白菊


白菊にしばし逡巡らふ鋏かな 漱石


小松武治訳『沙翁物語集』(明治37年6月)の序として発表された十句の一句。
序では、十句それぞれにシェークスピアの作品からの引用を対応させている。
『オセロ』に対応。



漱石俳句db1861
季 語 白菊 [秋:植物]
制作年明治37年


写真は民家の小菊

撮影 2008年11月15日
場所 東京都・町田


"漱石の俳句歳時記 白菊 [秋:植物] 白菊にしばし逡巡らふ鋏かな" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント