漱石の俳句歳時記 寒梅 [冬:植物] 見て行くやつばらつばらに寒の梅

見て行くやつばらつばらに寒の梅 漱石 ・全集(昭和10年)で532-571の40句は「正岡子規へ送りたる句稿 その十 一月二十八日」に収める。 ・句稿の末尾に「政」「一月二十八日」「愚陀仏稿」とある。 漱石俳句db 541季 語 寒梅 [冬:植物]制作年 明治29年 写真は寺家ふるさと村 撮…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漱石の俳句歳時記 枯蘆 [冬:植物] 枯蘆の廿日流れぬ氷哉

枯蘆の廿日流れぬ氷哉 漱石 ・全集(昭和10年)で430-490の61句は「正岡子規へ送りたる句稿 その九 十二月十八日」に収める。 ・句稿の末尾に「大政」「十二月十八日 今度のはなくしてはいやであります。悪句には△か□の符号をつけ玉へ。」「愚陀仏稿」とある。 漱石俳句db 472季 語 枯蘆 [冬:植物]…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more