漱石の俳句歳時記 柿紅葉 [秋:植物] 柿紅葉せり纏はる蔦の青き哉

漱石の俳句歳時記 柿紅葉


柿紅葉せり纏はる蔦の青き哉 漱石


日記(明治四十三年十月十二日)。2196-2203の八句について十月十二日の日記に「昨日途中にて」と記す。
漱石は十月十一日、修善寺の菊屋を出発、東京に着くとそのまま長与胃腸病院に入院した。


漱石俳句db2200
季 語 柿紅葉 [秋:植物]
制作年明治43年


写真は王禅寺境内の禅寺丸柿原木

撮影 2010年11月13日
場所 神奈川・川崎


Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 漱石の俳句歳時記

    Excerpt: 漱石の俳句歳時記 目 次 1柳の芽 [春:植物] 柳芽を吹いて四条のはたごかな2萩 [秋:植物] 垂れかゝる萩静かなり背戸の川3芙蓉 [秋:植物] 白露や芙蓉したたる音すなり4曼珠沙華 [秋:.. Weblog: 夏目漱石俳句集 racked: 2010-11-23 10:30