漱石俳句db 1601  雪隠の壁に上るや梅の影




雪隠の壁に上るや梅の影

(せついんのかべにのぼるやうめのかげ)

前へ  次へ



・全集(昭和10年)で1537-1641の105句は「正岡子規へ送りたる句稿 その三十三 二月」として収める。1641の後に「大政」「漱石稿」とある。なお、この句稿の句はすべて「手帳」(1506参照)に配列もほぼ同様に記されている。


著作権・リンクについて

Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック