夏目漱石俳句集 <季語別> 蓮(蓮の花) [夏:植物]



蓮(蓮の花) [夏:植物]



画像




徘徊す蓮あるをもて朝な夕な  1239

蓮剪りに行つたげな椽に僧を待つ  1935

蓮に添へてぬめの白さよ漾虚集  1936

生死事大蓮は開いて仕舞けり  1938

ほのぼのと舟押し出すや蓮の中  1939

蓑の下に雨の蓮を蔵しけり  1940

田の中に一坪咲いて窓の蓮  1941

夕蓮に居士渡りけり石欄干  1942

明くる夜や蓮を放れて二三尺  1943

蓮の欄舟に鋏を渡しけり  1944

石橋の穴や蓮ある向側  1946

蓮毎に来るべし新たなる夏  2512

そり橋の下より見ゆる蓮哉  2513

(蓮の花)

御死にたか今少ししたら蓮の花  189

紅白の蓮擂鉢に開きけり  846





Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック