夏目漱石俳句集 <季語別> 五月雨 [夏:天文]



五月雨 [夏:天文]




さみだれに持ちあつかふや蛇目傘  11

五月雨ぞ何処まで行ても時鳥  185

馬子歌や小夜の中山さみだるゝ  499

海嘯去つて後すさまじや五月雨  798

橋落ちて恋中絶えぬ五月雨  935

五月雨や鏡曇りて恨めしき  938

五月雨や小袖をほどく酒のしみ  1196

五月雨の壁落しけり枕元  1197

五月雨や四つ手繕ふ旧士族  1198

目を病んで灯ともさぬ夜や五月雨  1199

五月雨の弓張らんとすればくるひたる  1213

水攻の城落ちんとす五月雨  1215

五月雨や主と云はれし御月並  2082

一つ家を中に夜すがら五月雨るゝ  2091

五月雨やももだち高く来る人  2098





Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック