夏目漱石俳句集 <五十音順> ね


夏目漱石俳句集


<五十音順>





ねき 禰宜の子の烏帽子つけたり藤の花 1371
ねく 寐苦しき門を夜すがら水鶏かな 1207
ねこ 猫知らず寺に飼はれて恋わたる 643
猫も聞け杓子も是へ時鳥 182
ねす 鼠もや出ると夜寒に壁の穴 2291
寐てゐれば粟に鶉の興もなく 2185
ねて 寐て聞くやぺたりぺたりと餅の音 396
寐てくらす人もありけり夢の世に 4
ねは 涅槃像鰒に死なざる本意なさよ 638
ねま 寐まらんとすれど衾の薄くして 1462
ねむ 眠らざる僧の嚏や夜半の梅 1587
眠らざる夜半の灯や秋の雨 2432
眠らじな蚊帳に月のさす時は 840
眠る山眠たき窓の向ふ哉 2383
ねる 寐る門を初雪ぢやとて叩きけり 1016
ねん 懇ろに雑炊たくや小夜時雨 351
年々や凩吹て尖る山 1471


  

Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック