夏目漱石俳句集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漱石俳句db 1251  群雀粟の穂による乱れ哉

<<   作成日時 : 2010/02/25 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


画像


群雀粟の穂による乱れ哉

(むらすずめあわのほによるみだれかな)

前へ  次へ



・漱石は七月四日に妻を伴って上京、九月七日まで東京に滞在した。
・1218-1258の34句は、この間子規主催の句会に参加しての作。
・1243-1258の16句は九月四日の句会稿に見える。
・句会稿。/『春夏秋冬』/承露盤(明治31年)。


著作権・リンクについて

Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漱石俳句db 1250  夜をもれと小萩のもとに埋めけり
夜をもれと小萩のもとに埋めけり ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2013/11/14 12:15
漱石の俳句歳時記 粟の穂 [秋:植物] 群雀粟の穂による乱れ哉
群雀粟の穂による乱れ哉 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/08/27 13:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漱石俳句db 1251  群雀粟の穂による乱れ哉 夏目漱石俳句集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる