夏目漱石俳句集

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目漱石俳句集 <季語別> 氷(氷る) [冬:地理]

<<   作成日時 : 2010/01/09 23:52   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



氷(氷る) [冬:地理]






閼伽桶や水仙折れて薄氷  126

御手洗を敲いて砕く氷かな  329

湖は氷の上の焚火哉  467

痩馬に山路危き氷哉  468

雁の拍子ぬけたる氷哉  471

枯蘆の廿日流れぬ氷哉  472

水仙の葉はつれなくも氷哉  473

水仙や根岸に住んで薄氷  977

梯して上る大盤石の氷かな  1454

ばりばりと氷踏みけり谷の道  1476

石打てばかららんと鳴る氷哉  1509

(氷る)

酒菰の泥に氷るや石蕗の花  332

枯ながら蔦の氷れる岩哉  466

筆の毛の水一滴を氷りけり  469

井戸縄の氷りて切れし朝哉  470

氷る戸を得たりや応と明け放し  570

空家やつくばひ氷る石蕗の花  1011

切口の白き芭蕉に氷りつく  1329

釣鐘に雲氷るべく山高し  1452

道端や氷りつきたる高箒  1477





Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏目漱石俳句集 <季語別> 氷(氷る) [冬:地理] 夏目漱石俳句集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる