夏目漱石俳句集

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治32年-3 (1661〜1779)

<<   作成日時 : 2009/12/01 03:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0


夏目漱石俳句集


<制作年順>





明治32年(1899年)

1661 馬の子と牛の子と居る野菊かな
1662 温泉湧く谷の底より初嵐
1663 重ぬべき単衣も持たず肌寒し
1664 谷底の湯槽を出るやうそ寒み
1665 山里や今宵秋立つ水の音
1666 鶏頭の色づかであり温泉の流
1667 草山に馬放ちけり秋の空
1668 女郎花馬糞について上りけり
1669 女郎花土橋を二つ渡りけり
1670 囲ひあらで湯槽に逼る狭霧かな

1671 湯槽から四方を見るや稲の花
1672 鑓水の音たのもしや女郎花
1673 帰らんとして帰らぬ様や濡れ燕
1674 雪隠の窓から見るや秋の山
1675 北側は杉の木立や秋の山
1676 終日や尾の上離れぬ秋の雲
1677 蓼痩せて辛くもあらず温泉の流
1678 白萩の露をこぼすや温泉の流
1679 草刈の籃の中より野菊かな
1680 白露や研ぎすましたる鎌の色

1681 葉鶏頭団子の串を削りけり
1682 秋の川真白な石を拾ひけり
1683 秋雨や杉の枯葉をくべる音
1684 秋雨や蕎麦をゆでたる湯の臭ひ
1685 朝寒み白木の宮に詣でけり
1686 秋風や梵字を刻す五輪塔
1687 鳥も飛ばず二百十日の鳴子かな
1688 灰に濡れて立つや薄と萩の中
1689 行けど萩行けど薄の原広し
1690 語り出す祭文は何宵の秋

1691 野菊一輪手帳の中に挟みけり
1692 路岐して何れか是なるわれもかう
1693 七夕の女竹を伐るや裏の藪
1694 顔洗ふ盥に立つや秋の影
1695 柄杓もて水瓶洗ふ音や秋
1696 釣瓶きれて井戸を覗くや今朝の秋
1697 秋立つや眼鏡して見る三世相
1698 喪を秘して軍を返すや星月夜
1699 秋暑し癒なんとして胃の病
1700 聞かばやと思ふ砧を打ち出しぬ

1701 秋茄子髭ある人に嫁ぎけり
1702 湖を前に関所の秋早し
1703 初秋の隣に住むや池の坊
1704 荒壁に軸落ちつかず秋の風
1705 唐茄子の蔓の長さよ隣から
1706 端居して秋近き夜や空を見る
1707 顔にふるゝ芭蕉涼しや籐の寝椅子
1708 涼しさや石握り見る掌
1709 時くれば燕もやがて帰るなり
1710 秋立つや萩のうねりのやゝ長く

1711 いかめしき門を這入れば蕎麦の花
1712 粟みのる畠を借して敷地なり
1713 松を出てまばゆくぞある露の原
1714 韋編断えて夜寒の倉に束ねたる
1715 秋はふみ吾に天下の志
1716 頓首して新酒門内に許されず
1717 肌寒と申し襦袢の贈物
1718 孔孟の道貧ならず稲の花
1719 古ぼけし油絵をかけ秋の蝶
1720 赤き物少しは参れ蕃椒

1721 かしこまる膝のあたりやそゞろ寒
1722 朝寒の顔を揃へし机かな
1723 先生の疎髯を吹くや秋の風
1724 本名は頓とわからず草の花
1725 苔青く末枯るゝべきものもなし
1726 南窓に写真を焼くや赤蜻蛉
1727 暗室や心得たりときりぎりす
1728 化学とは花火を造る術ならん
1729 玻璃瓶に糸瓜の水や二升程
1730 剥製の鵙鳴かなくに昼淋し

1731 魚も祭らず獺老いて秋の風
1732 樊かい(口偏に會)や闥を排して茸の飯
1733 大食を上座に粟の飯黄なり
1734 瓜西瓜富婁那ならぬはなかりけり
1735 就中うましと思ふ柿と栗
1736 稲妻の目にも留らぬ勝負哉
1737 容赦なく瓢を叩く糸瓜かな
1738 転けし芋の鳥渡起き直る健気さよ
1739 靡けども芒を倒し能はざる
1740 重箱に笹を敷きけり握り鮓

1741 見るからに涼しき宿や谷の底
1742 むつとして口を開かぬ桔梗かな
1743 さらさらと護謨の合羽に秋の雨
1744 渋柿や長者と見えて岡の家
1745 門前に琴弾く家や菊の寺
1746 時雨るゝや足場朽ちたる堂の漏
1747 釣鐘をすかして見るや秋の海
1748 菊に猫沈南蘋を招きけり
1749 部屋住の棒使ひ居る月夜かな
1750 蛤とならざるをいたみ菊の露

1751 神垣や紅葉を翳す巫女の袖
1752 火燵して得たる将棋の詰手哉
1753 自転車を輪に乗る馬場の柳かな
1754 見るからに君痩せたりな露時雨
1755 白菊に酌むべき酒も候はず
1756 抜けば崇る刀を得たり暮の秋
1757 白菊に黄菊に心定まらず
1758 ホーと吹て鏡拭ふや霜の朝
1759 時雨るや宿屋の下駄をはき卸す
1760 凩や斜に構へたる纏持

1761 旅の秋高きに上る日もあらん
1762 行秋を鍍金剥げたる指輪哉
1763 秋風や茶壺を直す袋棚
1764 醸し得たる一斗の酒や家二軒
1765 京の菓子は唐紅の紅葉哉
1766 長崎で唐の綿衣をとゝのへよ
1767 横顔の歌舞伎に似たる火鉢哉
1768 炭団いけて雪隠詰の工夫哉
1769 御家人の安火を抱くや後風土記
1770 追分で引き剥がれたる寒かな

1771 決闘や町をはなれて星月夜
1772 安々と海鼠の如き子を生めり
1773 時雨ては化る文福茶釜かな
1774 寒菊や京の茶を売る夫婦もの
1775 茶の会に客の揃はぬ時雨哉
1776 山茶花や亭をめぐりて小道あり
1777 茶の花や長屋も持ちて浄土寺
1778 小春日や茶室を開き南向
1779 水仙や髯たくはへて売茶翁



前へ 次へ


Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治32年-2 (1541〜1660)
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/12/01 04:01
夏目漱石俳句集 目次 <制作年順>
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/12/01 04:02
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治33年〜明治36年 (1780〜1850)
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/12/01 13:08
漱石の俳句歳時記 野菊 [秋:植物] 草刈の籃の中より野菊かな
草刈の籃の中より野菊かな 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2010/11/17 10:11
漱石の俳句歳時記 瓢(ふくべ) [秋:植物] 容赦なく瓢を叩く糸瓜かな
容赦なく瓢を叩く糸瓜かな 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 13:46
漱石の俳句歳時記 秋茄子 [秋:植物] 秋茄子髭ある人に嫁ぎけり
秋茄子髭ある人に嫁ぎけり 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 14:01
漱石の俳句歳時記 蕃椒(とうがらし) [秋:植物] 赤き物少しは参れ蕃椒
赤き物少しは参れ蕃椒 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 14:40
漱石の俳句歳時記 稲の花 [秋:植物] 孔孟の道貧ならず稲の花
孔孟の道貧ならず稲の花 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 15:07
漱石の俳句歳時記 蕎麦の花 [秋:植物] いかめしき門を這入れば蕎麦の花
いかめしき門を這入れば蕎麦の花 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 15:16
漱石の俳句歳時記 女郎花(おみなえし) [秋:植物] 女郎花土橋を二つ渡りけり
女郎花土橋を二つ渡りけり 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 15:27
漱石の俳句歳時記 吾亦紅(われもこう) [秋:植物] 路岐して何れか是なるわれもかう
路岐して何れか是なるわれもかう 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 15:52
漱石の俳句歳時記 蓼 [夏:植物] 蓼痩せて辛くもあらず温泉の流
蓼痩せて辛くもあらず温泉の流 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2016/08/30 11:34
漱石の俳句歳時記 桔梗 [秋:植物] むつとして口を開かぬ桔梗かな
むつとして口を開かぬ桔梗かな 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/02/06 22:37
漱石の俳句歳時記 末枯(うらがれ) [秋:植物] 苔青く末枯るゝべきものもなし
苔青く末枯るゝべきものもなし 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/02/09 21:23
漱石の俳句歳時記 瓜 [夏:植物] 瓜西瓜富婁那ならぬはなかりけり
瓜西瓜富婁那ならぬはなかりけり 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/07/09 11:13
漱石の俳句歳時記 南瓜(唐茄子) [秋:植物] 唐茄子の蔓の長さよ隣から
唐茄子の蔓の長さよ隣から 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/08/07 16:59
漱石の俳句歳時記 草の花 [秋:植物] 本名は頓とわからず草の花
本名は頓とわからず草の花 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/08/21 10:34
漱石の俳句歳時記 寒菊 [冬:植物] 寒菊や京の茶を売る夫婦もの
寒菊や京の茶を売る夫婦もの 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/09/07 13:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治32年-3 (1661〜1779) 夏目漱石俳句集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる