夏目漱石俳句集

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-1 (517〜620)

<<   作成日時 : 2009/11/23 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0


夏目漱石俳句集


<制作年順>





明治29年(1896年)

517 時鳥馬追ひ込むや梺川
518 暁の夢かとぞ思ふ朧かな
519 うかうかと我門過ぎる月夜かな
520 夕立の野末にかゝる入日かな

521 橋の霜継て渡れと書き残す
522 茶煙禅榻外は師走の日影哉
523 干網に立つ陽炎の腥き
524 うつむいて膝にだきつく寒哉
525 苟くも此蓬莱を食ふ勿れ
526 半鐘とならんで高き冬木哉
527 先生や屋根に書を読む煤払
528 雨に雪霰となつて寒念仏
529 雪洞の廊下をさがる寒さ哉
530 水かれて轍のあとや冬の川

531 東風や吹く待つとし聞かば今帰り来ん
532 此土手で追ひ剥がれしか初桜
533 凩に早鐘つくや増上寺
534 谷の家竹法螺の音に時雨けり
535 冴返る頃を御厭ひなさるべし
536 出代りや花と答へて跛なり
537 雪霽たり竹婆娑々々と跳返る
538 水青し土橋の上に積る雪
539 若菜摘む人とは如何に音をば泣く
540 花に暮れて由ある人にはぐれけり

541 見て行くやつばらつばらに寒の梅
542 静かさは竹折る雪に寐かねたり
543 武蔵野を横に降る也冬の雨
544 太箸を抛げて笠着る別れ哉
545 いざや我虎穴に入らん雪の朝
546 絶頂に敵の城あり玉霰
547 御天守の鯱いかめしき霰かな
548 一つ家のひそかに雪に埋れけり
549 春大震塔も擬宝珠もねぢれけり
550 疝気持雪にころんで哀れなり

551 天と地の打ち解けりな初霞
552 呉竹の垣の破目や梅の花
553 御車を返させ玉ふ桜かな
554 掃溜や錯落として梅の影
555 永き日や韋駄を講ずる博士あり
556 日は永し三十三間堂長し
557 素琴あり窓に横ふ梅の影
558 永き日を順礼渡る瀬田の橋
559 鶴獲たり月夜に梅を植ん哉
560 錦帯の擬宝珠の数や春の川

561 里の子の草鞋かけ行く梅の枝
562 紅梅に青葉の笛を画かばや
563 紅梅にあはれ琴ひく妹もがな
564 源蔵の徳利をかくす吹雪哉
565 したゝかに饅頭笠の霰哉
566 冬の雨柿の合羽のわびしさよ
567 下馬札の一つ立ちけり冬の雨
568 梅の花不肖なれども梅の花
569 まさなくも後ろを見する吹雪哉
570 氷る戸を得たりや応と明け放し

571 吾庵は氷柱も歳を迎へけり
572 元日に生れぬ先の親恋し
573 あたら元日を餅も食はずに紙衣哉
574 山里は割木でわるや鏡餅
575 砕けよや玉と答へて鏡餅
576 国分寺の瓦掘出す桜かな
577 断礎一片有明桜ちりかゝる
578 堆き茶殻わびしや春の宵
579 古寺に鰯焼くなり春の宵
580 配所には干網多し春の月

581 口惜しや男と生れ春の月
582 よく聞けば田螺なくなり鍋の中
583 山吹に里の子見えぬ田螺かな
584 白梅に千鳥啼くなり浜の寺
585 梅咲きて奈良の朝こそ恋しけれ
586 消にけりあわたゞしくも春の雪
587 春の雪朱盆に載せて惜しまるゝ
588 居風呂に風ひく夜や冴返る
589 頃しもや越路に病んで冴返る
590 霞む日や巡礼親子二人なり

591 旅人の台場見て行く霞かな
592 春の夜の琵琶聞えけり天女の祠
593 路もなし綺楼傑閣梅の花
594 家の棟や春風鳴つて白羽の矢
595 蛤や折々見ゆる海の城
596 霞たつて朱塗の橋の消にけり
597 どこやらで我名よぶなり春の山
598 大空や霞の中の鯨波の声
599 行春や瓊觴山を流れ出る
600 神の住む春山白き雲を吐く

601 催馬楽や縹渺として島一つ
602 真倒しに久米仙降るや春の雲
603 春暮るゝ月の都に帰り行
604 羽団扇や朧に見ゆる神の輿
605 つゝじ咲く岩めり込んで笑ひ声
606 春の夜や独り汗かく神の馬
607 朦朧と霞に消ゆる巨人哉
608 鳴く雲雀帝座を目懸かけ上る
609 真夜中に蹄の音や神の梅
610 春の宵神木折れて静かなり

611 白桃や瑪瑙の梭で織る錦
612 つくばいに散る山茶花の氷りけり
613 烏飛んで夕日に動く冬木かな
614 船火事や数をつくして鳴く千鳥
615 檀築て北斗祭るや剣の霜
616 龍寒し絵筆抛つ古法眼
617 つい立の龍蟠まる寒さかな
618 廻廊に吹きこむ海の吹雪かな
619 梁に画龍のにらむ日永かな
620 奈良の春十二神将剥げ尽せり



前へ 次へ


Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治28年-4 (391〜516)
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/11/23 23:51
夏目漱石俳句集 目次 <制作年順>
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/11/23 23:54
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-2 (621〜730)
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/11/24 22:06
漱石の俳句歳時記 梅の花 [春:植物] 梅の花不肖なれども梅の花
梅の花不肖なれども梅の花 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/03/02 16:12
漱石の俳句歳時記 つつじ [春:植物] つゝじ咲く岩めり込んで笑ひ声
つゝじ咲く岩めり込んで笑ひ声 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/06/03 19:26
漱石の俳句歳時記 冬木[冬:植物]烏飛んで夕日に動く冬木かな
烏飛んで夕日に動く冬木かな 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/02/09 22:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-1 (517〜620) 夏目漱石俳句集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる