夏目漱石俳句集

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-4 (841〜950)

<<   作成日時 : 2009/11/25 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0


夏目漱石俳句集


<制作年順>





明治29年(1896年)

841 国の名を知つておぢやるか時鳥
842 西の対へ渡らせ給ふ葵かな
843 淙々と筧の音のすゞしさよ
844 橘や通るは近衛大納言
845 朝貌の黄なるが咲くと申し来ぬ
846 紅白の蓮擂鉢に開きけり
847 涼しさや奈良の大仏腹の中
848 淋しくもまた夕顔のさかりかな
849 あつきものむかし大坂夏御陣
850 夕日さす裏は磧のあつさかな

851 午時の草もゆるがず照る日かな
852 琵琶の名は青山とこそ時鳥
853 就中大なるが支那の団扇にて
854 くらがりに団扇の音や古槐
855 夏痩せて日に焦けて雲水の果はいか
856 床に達磨芭蕉涼しく吹かせけり
857 百日紅浮世は熱きものと知りぬ
858 手をやらぬ朝貌のびて哀なり
859 絹団扇墨画の竹をかゝんかな
860 独身や髭を生して夏に籠る

861 夏書すとて一筆しめし参らする
862 なんのその南瓜の花も咲けばこそ
863 我も人も白きもの着る涼みかな
864 物や思ふと人の問ふまで夏痩せぬ
865 満潮や涼んで居れば月が出る
866 大慈寺の山門長き青田かな
867 唐茄子と名にうたはれて歪みけり
868 初秋の千本の松動きけり
869 鹹はゆき露にぬれたる鳥居哉
870 秋立つや千早古る世の杉ありて

871 見上げたる尾の上に秋の松高し
872 反橋の小さく見ゆる芙蓉哉
873 古りけりな道風の額秋の風
874 鴫立つや礎残る事五十
875 温泉の町や踊ると見えてさんざめく
876 碧巌を提唱す山内の夜ぞ長き
877 ひやひやと雲が来る也温泉の二階
878 玉か石か瓦かあるは秋風か
879 枕辺や星別れんとする晨
880 稲妻に行手の見えぬ広野かな

881 秋風や京の寺々鐘を撞く
882 明月や琵琶を抱へて弾きもやらず
883 廻廊の柱の影や海の月
884 明月や丸きは僧の影法師
885 酒なくて詩なくて月の静かさよ
886 明月や背戸で米搗く作右衛門
887 明月や浪華に住んで橋多し
888 引かで鳴る夜の鳴子の淋しさよ
889 無性なる案山子朽ちけり立ちながら
890 打てばひゞく百戸余りの砧哉

891 衣擣つて郎に贈らん小包で
892 鮎渋ぬ降り込められし山里に
893 鱸魚肥えたり楼に登れば風が吹く
894 白壁や北に向ひて桐一葉
895 柳ちりて長安は秋の都かな
896 垂れかゝる萩静かなり背戸の川
897 落ち延びて只一騎なり萩の原
898 蘭の香や聖教帖を習はんか
899 後に鳴き又先に鳴き鶉かな
900 窓をあけて君に見せうず菊の花

901 作らねど菊咲にけり折りにけり
902 世は貧し夕日破垣烏瓜
903 鶏頭や代官殿に御意得たし
904 長けれど何の糸瓜とさがりけり
905 禅寺や芭蕉葉上愁雨なし
906 無雑作に蔦這上る厠かな
907 仏には白菊をこそ参らせん
908 名月や十三円の家に住む
909 月東君は今頃寐て居るか
910 行く秋をすうとほうけし薄哉

911 行く秋の犬の面こそけゞんなれ
912 てい袍を誰か贈ると秋暮れぬ
913 祭文や小春治兵衛に暮るゝ秋
914 僧堂で痩せたる我に秋暮れぬ
915 行秋や此頃参る京の瞽女
916 行秋を踏張て居る仁王哉
917 行秋や博多の帯の解け易き
918 機を織る孀二十で行く秋や
919 行く秋やふらりと長き草履の緒
920 日の入や五重の塔に残る秋

921 行く秋や椽にさし込む日は斜
922 山は残山水は剰水にして残る秋
923 原広し吾門前の星月夜
924 新らしき蕎麦打て食はん坊の雨
925 古白とは秋につけたる名なるべし
926 今年より夏書せんとぞ思ひ立つ
927 独り顔を団扇でかくす不審なり
928 降る雪よ今宵ばかりは積れかし
929 思ひきや花にやせたる御姿
930 影法師月に並んで静かなり

931 きぬぎぬや裏の篠原露多し
932 見送るや春の潮のひたひたに
933 人に言へぬ願の糸の乱れかな
934 君が名や硯に書いては洗ひ消す
935 橋落ちて恋中絶えぬ五月雨
936 忘れしか知らぬ顔して畠打つ
937 行春を琴掻き鳴らし掻き乱す
938 五月雨や鏡曇りて恨めしき
939 生れ代るも物憂からましわすれ草
940 化石して強面なくならう朧月

941 藻ある底に魚の影さす秋の水
942 秋の山松明かに入日かな
943 秋の日中山を越す山に松ばかり
944 一人出て粟刈る里や夕焼す
945 配達ののぞいて行くや秋の水
946 秋行くと山僮窓を排しいふ
947 秋の蠅握つて而して放したり
948 生憎や嫁瓶を破る秋の暮
949 摂待や御僧は柿をいくつ喰ふ
950 馬盥や水烟して朝寒し



前へ 次へ


Copyright(C) まさじ (Masaji) 2009-

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-3 (731〜840)
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/11/25 17:55
夏目漱石俳句集 目次 <制作年順>
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/11/25 17:56
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-5 (951〜1038)
夏目漱石俳句集 <制作年順> ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2009/11/27 00:19
漱石の俳句歳時記 萩[秋:植物]垂れかゝる萩静かなり背戸の川
垂れかゝる萩静かなり背戸の川 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2010/11/05 20:21
漱石の俳句歳時記 わすれ草(萱草) [夏:植物] 生れ代るも物憂からましわすれ草
生れ代るも物憂からましわすれ草 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/07/05 17:20
漱石の俳句歳時記 烏瓜 [秋:植物] 世は貧し夕日破垣烏瓜
世は貧し夕日破垣烏瓜 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2011/09/29 16:15
漱石の俳句歳時記 蔦 [秋:植物] 無雑作に蔦這上る厠かな
無雑作に蔦這上る厠かな 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2013/11/14 09:49
漱石の俳句歳時記 糸瓜 [秋:植物] 長けれど何の糸瓜とさがりけり
長けれど何の糸瓜とさがりけり 漱石 ...続きを見る
夏目漱石俳句集
2017/01/31 20:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏目漱石俳句集 <制作年順> 明治29年-4 (841〜950) 夏目漱石俳句集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる